【欧州野球選手権'19】メジャーリーガーも輩出するドイツが敗退。イスラエルが躍進。

 前回特集した通り、東京オリンピックへの切符がかかった欧州野球選手権で、イスラエルが台風の目になりました。大会を4位で終え、オランダ、イタリア、スペイン、ドイツといったこれまでの4強から、ドイツを5位決定戦に追いやる形となりました。そのドイツは5位決定戦でもチェコに1点差で敗れ、ここ最近コンスタントにメジャーリーガーも輩出してきたドイツが敗退となりました。優勝のオランダは、決勝でライバル・イタリアを破り大会3連覇達成。ということで、今大会の上位5位までに入ったオランダ、イタリア、イスラエル、スペイン、チェコは、東京オリンピックの欧州・アフリカ予選に進出。アフリカ王者南アフリカを加えた6チーム総当たり戦を行い、優勝した1チームが東京オリンピックへの切符を手にします。2位は2020年3月開催予定の東京オリンピック最終予選に回ります。

今大会の結果をまとめると以下の通り。

 オランダとイタリアの2強が決勝に進出したものの、ベスト4のスペイン、イスラエルとは1点差の勝利。スペインはオランダ相手に7回まで0-0でしたし、イスラエルも7回までイタリアに2点リードしていた状況でした。この辺りからも、ベスト4チームの実力は非常に拮抗していると見えます。欧州・アフリカ予選では、今大会の結果は関係ありませんので、より熾烈な争いが繰り広げられるでしょう。


因みに今大会の試合結果を当サイト独自のランキング『SPLITTER RANKING』に反映。

オーストリア、スウェーデン、クロアチアの3カ国を新たに追加。追加組から容赦なくポイントを荒稼ぎした強豪のオランダ、イタリア、スペイン辺りがランキングを上げており、やや過大評価気味に…。


以上、当サイトご覧頂きありがとうございます。

SPLITTER

SPLITTERは、野球日本代表『侍ジャパン』を中心に野球の国際大会を楽しむための情報提供サイトです。あまり普段から野球をご覧ならない方にも、注目選手や見所などを一般的なスポーツサイトと違った表現で紹介していきます。

0コメント

  • 1000 / 1000